不動テトラ(1813)【今期経常を一転9%増益に上方修正、3円増配!】


不動テトラ  [1813] 東証1部 時価:238円

不動テトラ(1813)が、昨日大引け後に業績・配当修正を発表したい。15年3月期の連結経常利益を従来予想の35億円→48億円(前期は44.1億円)に37.1%上方修正し、一転して8.8%増益見通しとなった。 
会社側が発表した上方修正後の通期計画に基づいて、当研究所が試算した下期の連結経常利益も従来予想の14.7億円→27.7億円(前年同期は39.5億円)に88.1%増額し、減益率が62.7%減→29.8%減に縮小する見通しとなっています。
上方修正について、売上高は、下期においても手持ち工事の進捗が想定を上回る見通しとなったことから、前回予想を30億円上回り700億円となる見込みです。 利益面では、売上高の増加に加え工事採算性の改善も進み、営業利益は前回予想を10.5億円上回り46.5億円、経常利益は更に為替差益の計上や金融収支の改善等もあり、前回予想を13億円上回り48億円となる見込みです。また、当期純利益は会計と税務上の簿価差の大きい資産の処理に伴う課税所得の圧縮効果による税金費用の減少もあり、経常利益の増益幅と同額増加し37.5億円となる見込みという事です。
同社は株主への利益還元を経営の最重要課題として認識していることを基本方針としており、平成27年3月期の期末配当予想について、一株当たり3円の予想を、通期業績予想の修正を踏まえ、株主への更なる利益還元を実施すべく、一株当たり6円と大幅な増配を発表しております。
今後も、地盤改良が全国的な耐震化需要が続くなか公共事業予算の前倒し執行もあり、増益基調が続くことが予想され、株価も調整局面にあり注目できるでしょう。
2015/03/31/8:00