ワイヤレスゲート(9419)【「IoT」現実局面入り、観光需要の取り込みに無線LANの整備を加速!】

ワイヤレスゲート  [9419] 東証M部 時価:3,490円

総務省は地方に外国人観光客を呼び込むため、無料で使える公衆無線LAN「Wi―Fi」の整備を加速する。東京五輪が開かれる2020年までに、3万カ所整備する。5年後に年間2000万人の訪日客を見込む中、地方の観光地の魅力を高める狙いだ。
他社のインフラを借りて通信サービスを提供するMVNO(仮想移動体通信事業者)のワイヤレスゲート(9419)は、地方自治体と組んで観光客向けのWi-Fiサービスを展開するほか、LTE(次世代携帯電話網)を利用した独居高齢者の遠隔見守りサービスなどのIoTビジネスを手掛けており、同社の事業拡大に期待がでてきた。
更に、同社は音声通話とデータ通信が可能なSIMカードを全国のヨドバシカメラ店舗、通販サイト「ヨドバシ・ドット・コム」で28日に発売すると発表。今年5月に適用が義務化される「SIMロック解除」を踏まえ、携帯電話会社を選ばず端末に自由に差し替えられるSIMカードのラインアップを拡充すると伝えていることから注目してみたい。
2015/04/23/8:00