小野産業(7858)【自動車部品や医療機器部品などの販売が伸び、今期経常は5.8倍増益!】

小野産業  [7858] 東証JQ部 時価:225円

小野産業 (7858)は、家電、情報通信、自動車の樹脂製品主力で、世界の産業界に画期的な影響を及ぼした高速ヒートサイクル成形(RHCM)技術を開発し、世界の顧客に製品を供給しており、今後ますますその発展が期待されている企業であります。
高速ヒートサイクル成形(RHCM)とは、小野産業が独自技術として開発し、実用化技術として完成させた高転写成形技術です。金型を高速で加熱冷却することで、金型内の樹脂の挙動を大きく変えることができます。
同社は5月14日に決算を発表。15年3月期の経常損益(非連結)は2000万円の黒字(前の期は9800万円の赤字)に浮上し、16年3月期の同利益は前期比5.8倍の1億1500万円に急拡大する見通しとなった。今期は自動車部品や医療機器部品などの販売が伸び、増収を確保する。生産工程の効率化による製造原価の低減も増益に大きく貢献しました。
業績回復に伴い、無配としていた前期の期末一括配当を6期ぶりに5円で復配し、今期も5円増の10円に大幅増配する方針を示した。配当利回りが4.44%と高水準になった。
同時に、収益性の改善や財務体質の強化に伴い、「継続企業の前提に関する注記」の記載を解消したと発表しており、今後の高成長に期待がもてることから、注目したい。
2015/05/15/8:20