クリエイト・レストランツ(3387)【M&Aによる「連邦経営」で業績拡大!】


クリエイト・レストランツ  [3387] 東証1部 時価:2,209円

クレレスHD(3387)は「イオン」や「ららぽーと」などのショピングセンター内のレストラン及びフードコートの運営を主力とするとともに、M&Aにより獲得した居酒屋業態や飲食店業態も展開している。集客力の高い立地へのこだわりとそれぞれの立地環境(地域特性や顧客属性、競合状況等)に見合った業態の組み合わせによるマルチブランド・マルチロケーション戦略に特徴があり、それが同社の主力事業を支えてきた。
現在の店舗数は約170業態で616店舗となっている。また、最近では、駅前好立地での24時間営業により人気業態となっている海鮮居酒屋「磯丸水産」など、積極的なM&Aを通じて成長性のある業態を同社成長に取り込む「グループ連邦経営」により高い成長性を実現しており、同社は新たな成長フェーズに入ったとみられる。
同社は2015年2月期までの2年で連結売上高を86%、経常利益を55%増やした。同社は、成長スピードが当初計画よりも加速される可能性が高くなったことから、新たに2018年2月期を最終年度とする中期経営計画では、店舗数を824店、売上高は前期比56%増の1080億円、経常利益は2倍超の90億円と高い成長率の実現をめざしている。
又、資本効率を示すROEも20%以上の水準を維持していく方針である。更に、M&Aについては今後も重要な成長戦略として取り組むものの、係数目標には織り込んでいない為、案件成立の時期や規模によっては業績の上振れ要因となる可能性もある。経営不振に悩む大手チェーンが目立つ外食業界にあって、この急成長には注目しておきたい。
2015/05/18/8:10