三菱ケミカルHD(4188)【三菱化学が高出力LED向け窒化ガリウム基板を増産!】

三菱ケミカルHD  [4188] 東証1部 時価:776,4円

三菱ケミカルホールディングス(4188)傘下の三菱化学は、LED照明の発光部に使う窒化ガリウム基板を増産する。筑波事業所(茨城県牛久市)の生産ラインを増設し、生産能力を倍増した。自動車ヘッドライトなどに使う高出力LEDの需要が拡大しており、生産拡大で対応する。
窒化ガリウム基板は従来のサファイア基板に比べて消費電力を抑えながら高出力のLED照明を生産することが可能。自動車メーカーが従来のハロゲンランプに比べて長寿命で省エネなLEDランプをヘッドランプに採用する動きが広がっている。店舗用照明などでも高出力LEDの需要が伸びていることから、筑波事業所での増産を決めた。
三菱化学はガリウム・ヒ素基板での30年以上の経験を生かした独自の生産装置を開発し、高品質な窒化ガリウム基板を筑波事業所と水島事業所(岡山県倉敷市)で生産している。一般的な気体状の材料から窒化ガリウム結晶を成長させる気相法ではなく、材料を溶かした液から結晶を成長させることで生産効率を増した液相法と呼ぶ生産手法での量産を2015年度中に始める。
同社については、モルガンが投資判断を総合化学のトップビックに位置づけ、目標株価を700円から950円に引き上げていることから、押し目は注目しておきたい。
2015/06/30/ 7:50