フィンテック グローバル(8789)【「ムーミン」のテーマパーク2017年に国内オープン!】

フィンテック グローバル  [8789] 東証M部 時価:135円

フィンテック グローバル(8789)は事業再生や成長企業へのファイナンス支援を得意とするブティック型インベストメントバンクで、再生可能エネルギーにおいては、「みらいエネルギー株式会社」の太陽光発電や水力発電等に積極投資しています。
その中に、注目してみたい企業投資の一つに日本でも人気が高いフィンランド生まれの「ムーミン」。2017年のオープンを目指し、埼玉県飯能市に「ムーミン」のテーマパークが建設されることが明らかになりました。複数の場所が候補に挙がっていたが、宮沢湖や周辺の森など自然豊かで広大なスペースが確保できることなどから「ムーミンにふさわしい街」として選ばれた。年間100万人程度の来場者を見込み、地元自治体も地域活性化につながると期待を寄せている。
計画を進めているのは、フィンテック グローバル(8789)とフィンランドのPuuha社の合弁会社「株式会社ムーミン物語」で、同日付で西武鉄道から飯能市の宮沢湖周辺の土地約18万7000平方メートルを6億円で取得する契約を結んだ。同地は西武池袋線飯能駅からバスで15分程度。都心からは1時間〜1時間半程度でアクセスできる。施設名はフィンランド語で森を意味する「メッツア」。施設は、有料スペースと無料スペースに分け、無料の「パブリックゾーン」には北欧料理店など約40店の店舗を誘致する方針だ。
 有料の「ムーミンゾーン」にはキャラクターと触れ合えるスペースやアニメに登場する「ムーミン屋敷」などを整備する。乗り物型のアトラクションの整備も検討するが、詳細は今後詰める。
フィンランドには「ムーミンワールド」というテーマーパークがあり、夏期の2カ月と冬期の数日のみの営業だが、年間で22万人の来場者があり、日本人観光客も多く訪れているという。自然豊かな小さな島がムーミン・ワールドになっており、ムーミンの物語の世界観を再現している。かつては子ども向けアニメのイメージがあった「ムーミン」ですが、最近は優れた文学性と芸術性で、北欧文化やデザインを象徴するアイコンとして注目を集めています。ストーリーの奥深さや、原作アートのグラフィカルな魅力から、大人の女性にも多く支持されているように感じております。
株価は昨年高値295円から大幅に調整しており、安値圏にいることから、注目してみたい。
2015/07/01/ 7:30