SHIFT(3697)【システム開発会社向けセキュリティー診断サービスを開始!】


SHIFT  [3697] 東証M部 時価:1,115円

SHIFT(3697)は「全てのソフトウエアにMade in Japanの品質を」を合言葉に「安心・安全なソフトウエア製品の提供」のために、検証・品質保証の事業を主力として、主要顧客の銀行、証券、ゲーム関連向けに業績拡大が続いていますが、この度、サイバーセキュリティ対策において、国内で独自の研究開発をしている東証マザーズのFFRI(3692)と業務提携を結び、セキュリティテスト分野に本格的に進出していくことになりました。
サイバー攻撃による個人情報や機密情報の漏洩やシステムの破壊は、多くの場合、攻撃の対象となる企業や機関だけでなく、その先にいるエンドユーザーにも多大な影響を与えるため、日本だけでなく世界中で深刻な問題として、各方面で課題視されています。
FFRIは、サイバーセキュリティの研究開発企業として、また、日本における同分野でのリーディングカンパニーとして高い技術力を有し、次に起こり得るサイバー攻撃を先回りした対策技術を製品やサービスとして提供しています。IoT(モノのインターネット)が進むにつれて、セキュリティ品質の重要性はますます高まっており、セキュリティテストの必要性に関する啓蒙や、適切なセキュリティテストの手法と技術の普及が必要だと考えていました。
今回の提携により、FFRIの高度な専門的技術力と、SHIFTの業務標準化手法・効率的運営力を組み合わせることで、益々、需要の高まる一般のクライアント様向けセキュリティテストはSHIFTが担当し、FFRIは、日々複雑化するサイバー攻撃に向けた、より難易度の高い最先端のセキュリティ技術の研究開発を推進していき、両社のクライアントに対して、より高度な「Made in Japanのセキュリティサービス」を広範囲に提供することが可能となることでしょう。
2015/07/07/8:00