日本ライフライン(7575)【内視鏡アブレーションシステムを国内独占販売!】

日本ライフライン  [7575] 東証JQ部 時価:2,610円

日本ライフL(7575)は、医療機器の輸入商社でペースメーカーなど心臓領域が得意分野である。更に電極カーテルは自社生産しており業績は順調に伸びている。
同社は、米国カーディオファーカス社が製造する内視鏡アブレーションシステムの国内での独占販売する契約を結んだ。
国内で独占販売するのは「ハートライト内視鏡アブレーションシステム」。心房細動の治療において、肺静脈連結部に沿ってバルーンカテーテルを拡張し心筋に密着させた後、バルーン内部に挿入された内視鏡の画像を確認しながら、バルーン中心部分から心筋層に向けて選択的に照射されるレーザーを焼灼することにより、安定した深度で線状焼灼を行うことが可能だという。同社では16年の上市を目指し導入準備を進めており、将来の業績拡大への寄与に期待ができる。
同社決算は8月3日に予定しているが、4月30日に発表した15年3月期の連結経常利益は前の期比52.5%増の20.3億円に拡大し、従来予想の18億円を上回って着地。続く16年3月期も前期比38.9%増の28.2億円に拡大する見通しとなった。3期連続増収、増益になる。
今期は3月に投入した条件付きMRI対応ペースメーカーなどが寄与し、15.1%の大幅増収を見込む。保険償還価格の引き下げがないことなども増益に貢献する。 業績好調に伴い、今期の年間配当は5円増の35円に増配する方針とした。
同時に、TOBによる14.6%の自社株買いも6月2日に終了しており、今後株主還元も期待出来る。株価も7月2日の高値2810円からの押し目を注目しておきたい。
2015/07/08/8:30