インテリジェントウェイブ(4847)【セブン銀行、全国21000台のATMの中継サーバーを刷新!】

インテリジェントW  [4847] 東証JQ部 時価:545円

観光庁によると訪日外国人の16%がATMで現金をおろせないことに不便を感じている。政府は東京五輪の際に3千万人の観光客誘致を目指しており、観光庁と金融庁は金融機関にATMの海外対応を促していた。 そこで、2020年の東京五輪までに国内のATMの半分近くで、海外のキャッシュカードやクレジットカードが使えるようになる。
国内に約19万台あるATMのうち、海外のクレジットカード会社や銀行が発行したカードを使って日本円を現金でおろせるのは約4万8千台。このほとんどをセブンイレブンの店舗を中心に置くセブン銀行と郵貯銀行のATMが占める。預金や外国為替などを管理する勘定系システムを海外の金融機関と相互接続するためのシステム構築費も大きい。
セブン銀行(8410)は24時間365日利用可能なATMを全国に21000台設置しており、1日あたりの取引件数は最大550万件にも達するほど、セブン銀行にとってATMサービスはビジネスの中核、絶対にサービス停止の許されないシステムである。
「ATM中継サーバー」は全国に設置された21,000台に及ぶATMからの入出金・振込等の要求に対し、認証やフォーマット変換などを行ったうえで自社の勘定系システムに取り次ぐ、首都圏及び関西のデータセンターそれぞれ二重化して連用されています。
このシステムを支えているのが、インテリジェントウェイブ(4847)の「HP Integrity NonStopサーバ」であります。
セブン銀行によると「ATM分野でのHP Integrity NonStopサーバの実績は際立っており、いわばグローバルスタンダードサーバーという位置付けです。」と、「より便利、より身近に」を追求してお客様に価値の高いサービスを提供していく、社会インフラとしてのATMサービスをしっかり支えてくれる、事実上パフォーマンス限界のないシステムを実現することができましたと語っております。
同社は、クレジットカードの使用認証や銀行ATMのネットワーク接続を担うパッケージソフトウェアやクレジットカードの不正使用を検知するACEPlus(エースプラス)が伸びている他、国内のATMで海外キャッシュカードを発行・利用するためのシステム開発や、証券会社向けのネットワークの品質やパフォーマンスを管理するシステムツールの販売、更に情報セキュリティ対策業務においても、海外の有力製品の取扱が増えており業績を順調に伸ばしていることから、押し目は注目したい。
2015/07/16/8:00