駅深(3646)【最適な観光施設ルートを検索できる「旅程検索システム」を開発!】

駅深  [3646] 東証M部 時価:675円

駅深(3646)は鉄道やバス、飛行機などの乗換案内や運賃計算などをリアルタイムに提供することで、世の中で一般的になったインターネットを利用した時刻連動型の乗換案内サービスとして、日本で最初に提供した会社であります。
同社は旅行、観光、外出の際に、余った時間を有効利用することができる寄り道検索や、決められた時間内に利用者の趣味嗜好に合った観光名所を周遊するルート検索が可能な「旅程検索システム」を開発しました。
この「旅程検索システム」は、出発駅、到着駅間の最短ルートを検索する従来の「乗り換え検索システム」の技術を応用し、出発地点、到着地点間の移動に対して、例えば観光等に費やせる許容時間を指定することで、その許容時間を最大限有効活用した「最適迂路」を検索することが可能となります。
今後、自社の新しいサービスでの利用や幅広い業種、業界の企業、法人向けに新しいナビゲーション・ソリューションとして提供していく予定という。
2016年3月期は売上高で前期比0.5%増の28.00億円、営業利益で同6.8%減の4.13億円が見込まれている。スマートフォン向けの高単価メニュー「駅探プライム」コースの会員獲得は順調に推移しており、乗換案内と組み合わせたトラベル事業などにも期待が持てるものの、営業力・技術力の更なる強化に向けた積極採用による人件費の増加、積極的な販促活動の実施による広告販促費の増加、新たな事業の創造に向けた開発投資の増加が利益を圧迫する。ただし、配当性向は40%近く、配当利回りは3.42%と高水準であり、押し目を狙ってみたい。
2015/07/17/8:00