日本ラッド(4736)【ネットワーク可視化ソフトウェアをグローバル展開へ!】


日本ラッド  [4736] 東証JQ部 時価:679円

日本ラッド(4736)は、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)からネットワーク可視化ソフトウェア「NIRVANA」のソースコードの利用・改変権を取得し、システムインテグレーターとしてカスタマイズしたソリューションとして顧客提供を開始しています。
 昨今ネットワークにおけるセキュリティリスクと管理負担は益々増大しています。トラフィックを可視化することでDDoS攻撃やネットワーク輻輳への対応を劇的に改善する「NIRVANA」は、特にネットワーク事業者やグローバル展開をしている顧客に大変評判が良いが、既存の提供形態では、顧客の要望する機能の追加や機能を改善することが簡単ではなかったことから、今回、情報通信研究機構との更に踏み込んだ技術移転により、従来の「NIRVANA」では対応しきれなかった顧客ニーズに対して、全く新しいアプローチが可能になりました。
今後は、通信料や通信属性をトリガーとしたアラート機能と、サイバー攻撃を防御する外部装置・ソリューションとの連携機能を最優先に開発・提供するとしております。
同社は、日本発のシステムに対する期待、信頼度の高いアジア圏のネットワークキャリアを中心に積極展開を行うとしていることから、中期的に大きな成長が期待できます。
2015/07/24/8:50