プロルート丸光(8256)【日中貿易拡大のため済南総合保税区発展中心、及び道紀忠華シンクタンクと業務

プロルート丸光  [8256] 東証JQ部 時価:266円

観光庁は訪日外国人数が年間2000万人を達成した時点で、旅行消費額を4兆円に引き上げることなどを盛り込んだ「観光立国実現に向けたアクション・プログラム2015」を策定した。訪日外国人を軸に「稼ぐ」ことを明確に打ち出したのが特徴。ビザ発給要件の一層の緩和やプロモーション強化で、訪日外国人数の拡大を目指すとしています。
プロルート丸光(8256)は、同社が運営している、JAPAN TAX FREE SHOP丸屋免税店のサイトを5月22日にオープンしました。大阪市中央区にある丸屋免税店は、人気観光地への中継点としても便利な立地にあり、訪日される外国人旅行者の方々が安心してお買物いただけるよう、価値ある日本製品を日本流サービスにて提供するとしています。
更に、6月2日には丸屋免税店グランドオープンし、当日の会場では、日本はもとより中国からも多くのお客様が参列し、たくさんの祝辞を述べました。更に5日グランドオープン第2弾には、道紀忠華シンクタンク 副総裁 日本首席代表 後藤 錦隆様、そして日中経済文化交流センター 理事長 馬 暁平様 をはじめ、中国旅団ご代表の方々が参列し、今後の協力を約束していただきました。そして、同シャアは7月27日、済南総合保税区発展中心及び株式会社道紀忠華シンクタンクと業務提携を行うと決議しました。
中国では保税区を活用したクロスボーダー電子商取引を利用した場合、中国国内にいながら海外製品を安価で且つスピーディーに購入することができる為、現在、中国政府は国内消費のテコ入れを目的として自由貿易区の設置や保税区の活用を加速しております。
提携の主な内容は、(1)高品質な日本製商品の提供(2)商品の保税保管および商品販売業者の紹介(3)「本貿易モデル」確率への包括的支援、となっております。
同社は、今回の提携により、長年営んでいる卸売事業および今年6月にオープンした丸屋免税店での取扱商品を中心に、衣服、雑貨、日用品、化粧品、健康食品、殿下製品などの上質な日本製商品を幅広く集品し、済南総合保税区における日本の窓口として販売提供を始める予定であります。尚、現在、株式会社道紀忠華シンクタンクと共に、他の保税区とも協議中であり、済南総合保税区での取り組みをモデルとして、今後事業拡大を図る方針であることから、押し目を注目してみたい。
2015/08/12/ 8:00