アドバネクス(5998)【ナット脱落防止スプリング「ロックワン」を海外展開へ!】

アドバネクス  [5998] 東証1部 時価:267円

アドバネクス(5998)は精密ばね大手メーカーで2001年7月に、社名を加藤スプリング製作所から現在の名称に変更した。同社は開発した新製品のナット脱落防止スプリング「ロックワン」の海外販売を2016年3月期中に開始する計画している。
米国航空宇宙規格「NAS3350」をクリアしている品質の高さと、国内での豊富な納入実績を全面的に訴求し、中国や欧州のインフラ市場向けに現地子会社を通じて販売する。
国内では「タモント」の製品名で販売し、道路や鉄道、土木、電力などインフラ市場を中心に、マンション、工場設備や、アミューズメント向けも含め約70万個を売り上げている主力製品のひとつ。侵食の恐れがある環境や温度環境の厳しい環境にも使用できる。すでに海外展開を目的に、米国宇宙航空規格に準拠した衝撃型振動試験機を使った試験を実施してきた。
「ロックワン」は、市販のソケットレンチを使用して簡単に、ボルトにナットを締め付ける要領で取り付けることができる。取り外して再使用も可能だ。1回の装着作業で効果を発揮することを明確に表現するため、「ロックワン」の名称に変更して販売するとしている。
中国では高速鉄道で実証実験を進めており、年内にも香港の現地法人を通じて発売する予定。欧州では、アドバネクスヨーロッパ(英国)が取り扱いを開始する計画だ。今後の海外展開に注目したい。
更に、同社は1株当たり配当金を前期比0.5円増配して年3.5円を計画している。2015年10月に予定どおり普通株式10株につき1株の株式併合を実施すれば、1株当たり純利益は132.84円に、年間配当金は35円になる。予想配当性向は変わらず26.3%になる。現中期経営計画では、目標とする配当性向を30%に置いている。2015年5月に、50万株の自己株式取得(総額91百万円)を実施した。予想配当と自己株式取得を合わせた総株主還元性向は43.0%になる。また、新たに株主優待制度を導入する。2015年9月末の株主を対象にQUOカードの配布を予定しており、押し目を注目したい。
2015/08/20/8:00