エイチ・アイ・エス(9603)【旅行事業とテーマパーク事業が好調!】


エイチ・アイ・エス  [9603] 東証1部 時価:4,150円

エイチ・アイ・エス(9603)は、格安航空券販売から始まった総合旅行会社であります。格安航空券⇒ ツアーパッケージ⇒ ホテル事業⇒ 航空事業⇒ 金融事業⇒ テーマパーク事業と、次々と事業を拡大させてきました。
現在の主力事業は、旅行事業とテーマパーク事業であり、それぞれ14,10期売上高85232億円)の89,5%を占める。ただし、営業利益(159億円)では様相が大きく異なり、それぞれ51,5%、48,5%となっています。収益性では、テーマパーク事業が旅行事業を大きく上回る。
同社の強みは(1)充実した海外拠点網(2)ハウステンボスの再生ノウハウ(3)投資戦略を支えるキャッシュ基盤、などが考えられる。同社の業績成長のドライバーは、旅行事業とテーマパーク事業の2事業と考えられる。両事業共に営業利益は中期的に2ケタ増益が続くと予想される。今後の成長要因としては、(1)訪日外国人観光客取り込みによる旅行事業の売上高の拡大と利益率の上昇(2)ハウステンボスの方園者数の増加とチケット単価の上昇(3)旅行事業の1人当たりの単価の押し上げ、などであると考えられます。
本日、決算発表の予定でありますが、「2015年10月期に計上するハウステンボス部門の営業利益は前期比3割増の95億円と過去最高になる見通しで、全体の営業利益に占める比率も約半分まで高まりそうだ」との予測があることから、押し目を注目しておきたい。
2015/08/24/8:40