シグマクシス(6088)【サイバーセキュリティを手掛ける米Easy Solutionsと提携!】

シグマクシス  [6088] 東証M部 時価:470円

シグマクシス(6088)は、8月20日、サイバーセキュリティソリューションを提供する米Easy Solutions(イージー・ソリューションズ)と包括的提携契約を結んだと発表しています。
イージー・ソリューションズが手掛ける各種ソリューションを日本で販売するとともに、金融機関における預金の不正引き出しを防御する不正行動検知の領域で共同サービスの提供を開始した。イージー・ソリューションズは、米調査会社のサイバーセキュリティベンダーランキング500で総合第5位、不正行動検知領域で第1位の評価を得ている会社であります。
 近年急増しているサイバー犯罪に対しては、脆弱性診断やファイアウォ−ル設置、あるいは新型パスワード導入などによる不正侵入対策強化が叫ばれております。しかし、昨今では、本人がシステムに正当なログインをした直後に、不正自動送金プログラムを起動させる「顧客PC乗っ取り型プログラム」が登場するなど、その手口はますます巧妙化しています。いわゆる「なりすまし」といわれる、正当なID・パスワードを使ってあたかも「本人」かのようにふるまう犯罪に対しては、その取引をしている人間が「本人らしからぬ行為をしている」ということを、個々のプロファイリングや機械学習を活用したデータ分析を通じてリアルタイムに検知し(不正行動検知)、実害の発生を未然に防ぐ以外に防御の方法はありません。
ネット上で活動する犯罪者は、かつての愉快犯的ハッカーから、高度に組織化され潤沢な資金力をもつ犯罪組織へと進化し、その手口はデジタル、アナログに関わらず高度化を続けています。
同社は2015年2月に出資を行った情報セキュリティソリューション提供会社のグローバルセキュリティエキスパート株式会社およびイージー・ソリューションズとの協業に加え、最新のテクノロジーの積極的な活用を通じて、今後も幅広いサイバーセキュリティコンサルティングの提供を目指すとしており、注目してみたい。
2015/08/26/8:00