エムケイシステム(3910)【「マイナde社労夢」外部連携API仕様書の無償提供開始!】


エムケイシステム  [3910] 東証JQ部 時価:2,750円

社会保険、労働保険等に関する業務支援ソフトウェアのASPサービスを提供するエムケイシステム(3910)は、平成28年1月から運用が開始されるマイナンバー制度の普及を促進させるために、同社が10月より提供予定していた、マイナンバー対応システム「マイナde社労務」の外部連携APIのシステム仕様を9月7日から無償で提供すると発表しました。
マイナンバー管理システム「マイナde社労夢」は、社労士事務所が顧問先企業の従業員のマイナンバーをセキュアな環境で保護管理することが可能となるシステムであります。
同社は8月5日に16年3月期の単独業績見通しについて、売上高を従来予想の8億4700万円から9億2000万円(前期比22.1%増)へ、営業利益を同2億3300万円から2億7500万円(同28.5%増)へ、純利益を同1億3500万円から1億7200万円(同35.5%増)へ上方修正しております。
マイナンバー制度への対策として、業務システムを電子申請機能を備えたクラウドサービスに移行、新規に導入する事務所が増加する傾向にあるほか、前回の業績予想時には織り込んでいなかったマイナンバー管理システム「マイナde社労夢」や「マイナンバー取得代行サービス」の提供が具体化し、受注件数も増加していることなどが要因としていた。しかし、マイナンバー制度への対応が遅れていることから、いっそう同社のシステムに注目が集まることが予想されます。
2015/09/04/8:20