ローツェ(6323)【自動培地交換機能搭載の細胞培養装置「CellKeeper」を開発!】


ローツェ  [6323] 東証JQ部 時価:612円

ローツェ(6323)はiPS細胞など各種細胞の自動培養を実現するメカトロCO2インキュベーターのシリーズ第2弾として、新たに自動培地交換機能搭載の細胞培養装置「CellKeeper」を関連会社のアイエス・テクノロジー・ジャパン(茨城県つくば市)と共同で開発し、来年3月にも販売を開始すると発表しました。
ヒトの細胞を取り出し加工して用いる再生医療はもちろん、ヒトや動物の細胞を薬物の評価や製造に用いる創薬分野において、細胞培養操作は必須であり、加えて、その作業は複雑で細心の注意が必要なため熟練した作業者が手作業で行っています。その作業の中には、日夜・休日を問わず行う必要がある培地交換を長期間にわたって続けなければならないなど、多くの時間と労力を費やし,また、疲労を伴う手作業による培養作業では、汚染やヒューマンエラー発生のリスクも増加します。
「CellKeeper」は、細胞培養操作において従来、作業者が日夜・休日を問わず手作業で行っていた培地交換を自動化したもの。高湿度環境下の庫内から、故障の原因となるモーターなどの電気部品・駆動系を完全隔離することで信頼性を向上させているほか、乾熱滅菌に対応していることや、同社製の搬送ロボットによる自動搬送を行うことなどが特徴で、これにより一層効率的なiPS細胞をはじめとする細胞の培養が可能になるとしている。
今後の再生医療の実用化や医薬品開発の発展のためには、少なくとも定型的に行う細胞培養作業から積極的に自動化していくことが必須になると予測されることから注目してみたい。
2015/10/27/8:00