UBIC(2158)【エムスリーと医療・医薬分野で人口知能活用の協業開始!】


UBIC  [2158] 東証M部 時価:753円

UBIC(2158)はエムスリー (2413) と医療・医薬分野で人工知能の活用による協業を開始しました。第1弾として、エムスリー子会社メディサイエンスプラニングの医薬品安全性監視業務(PV)での知見と、同社子会社のUBIC MEDICALが保有する人工知能によるデータ解析を組み合わせ、医薬品の更なる安全性向上に貢献する、人質の高い国内初となる「PV支援サービス」を提供に向けて具体的な取り組みを進めることとなりました。
UBICは、独自開発の人口知能により、ビッグデータなどの情報解析を支援するデータ解析企業であり、国際訴訟などに必要な電子データの証拠保全と調査・分析を行うeディスカバリ(電子証拠開示)や、コンピュータフォレンジック(コンピュータに関する科学捜査)調査の支援を行っています。最近では医療やビジネスインテリジェンス、マーケティングなどの領域に人口知能を活用する企業が増えており、今後、同社の活躍が期待されることでしょう。
一方、エムスリーは日本において医療従事者専門サイト「m3.com」を運営しており、約25万人の医師会員に対して医学関連情報を配信し、製薬業界を中心にマーケティング支援サービスや治験支援サービス等を提供しており、日本のみならず米国、英国、中国、韓国など海外への事業展開を積極的に進めており、グローバルで340万人以上の医師にリーチすることが可能であります。
今回、両社が医療・医薬分野で人口知能を活用した協業を開始したことは大いに注目されることになることでしょう。
2015/10/28/8:45