ぐるなび(2440)【最高益更新へインバウンド消費取り込みと地方開拓へ!】

ぐるなび  [2440] 東証1部 時価:2,331円

日本政府観光局(JNTO)が発表した9月の訪日外国人数は前年同月比47%増の161万人。今年1月から累計は10月9日時点で1500万人を突破。昨年の通年実績(1314万人)を上回り、年間では2000万人の到達が視野に入ってきた。
日本政府観光局(JNTO)は、外国人旅行者による経済効果を地方にも広げる為、「ぐるなび」と提携し、外国人に地方の食文化を紹介する観光事業を展開すると報じられている。
同社は、ブランド野菜を使うメニュー開発など、生産者と飲食店を繋ぐ食材プロモーションにも力を注いでおり、有料加盟店は5万3000店舗を超え、地方の加盟店も増えている。前期は鹿児島、新潟、金沢に営業拠点を新設し、今期中に2拠点増やし、全国19拠点にする予定であります。飲食店情報サイトは食文化や観光振興の観点から地方自治体からの引き合いも強く、今後も拠点を増やし、20年には全国で有料加盟店を10万店舗程度に増やす方針であります。
同社は10月20日に業績修正を発表しております。グルメ情報検索サイト「ぐるなび」に情報を掲載する飲食店からの有料サービスが増加した一方、費用削減が想定以上になったこと等から16年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益を従来予想の24億円→33.1億円(前年同期は23.5億円)に37.9%上方修正し、増益率が2.0%増→40.7%増に拡大し、従来の3期連続での上期の過去最高益予想をさらに上乗せした。
なお、通期の経常利益は従来予想の57億円(前期は51.2億円)を据え置いているものの、年末年始の宴会シーズンを迎えて、加盟店(飲食店)からのぐるなびの有料サービス利用が更に増える可能性が高く、本日の決算発表にも注目したい。
2015/10/29/8:30