オカモト(5122)【今期経常を減益予想から一転25%増益に上方修正・最高益更新へ!】

オカモト  [5122] 東証1部 時価:1,065円

オカモト(5122)が11月4日に決算を発表し、16年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比2.2倍の53億円に急拡大し、従来予想の30億円を大幅に上回って着地。
産業用製品や生活用品が想定より伸び、売上が計画を11.3%も上回ったことが寄与。円安による収益押し上げ効果や原価低減などコスト削減に加え、持ち分法投資損益が改善したことも利益を押し上げた。
 上期業績の上振れに伴い、通期の同利益を従来予想の59億円→75億円(前期は60.1億円)に27.1%上方修正し、従来の2.0%減益予想から一転して24.6%増益を見込み、2期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。
 会社側が発表した上期実績と通期計画に基づいて、当研究所が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益は前年同期比39.3%減の21.9億円に落ち込む見通しとであるが、直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結経常利益は前年同期比59.4%増の20.7億円に拡大し、売上営業利益率は前年同期の4.2%→9.3%に急改善しており、下期業績も落ち込まない可能性が高いことから、押し目を注目しておきたい。
2015/11/05/8:00