ニチバン(4218)【メディカル事業が好調、 インバウンド需要も貢献!】

ニチバン  [4218] 東証1部 時価:634円

ニチバン(4218)のメディカル事業が拡大中だ。
同社の絶大なブランド力を誇る「セロテープ」は、工業品の包装用が堅調に推移、オフィス向けでも「Dear Kitchenワザアリテープ」や「プチジョア」の新製品が寄与し、今16年3月期は通期連結営業利益で27億円(前期比24.9%増)と大幅な増益を見込が、特に好調なのが鎮痛消炎剤「ロイヒつぼ膏」が中国人観光客を中心にインバウンド(訪日外国人観光客)に販売が増加、高機能救急絆創膏「ケアリーヴ」や「バトルウィンテーピングテープ」もパートナーシップ契約中のサッカー・スペインリーグの名門クラブ「FCバルセロナ」の人気選手を起用したテレビCMや、販促キャンペーンの効果が浸透し、順調な伸びを示している。これに加えて医科向けでは、極低刺激性サージカルテープが拡大している。
これらメディカル事業製品群の売り上げ好調を踏まえ、16年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比2.0倍の15.3億円に急拡大し、通期計画の28億円に対する進捗率は54.6%に達し、5年平均の41.7%も上回った。
同社ではこれらメディカル事業を今後の成長分野と位置づけ、OTC(一般医薬品)貼付剤及び医療用貼付剤の需要拡大に対応するために、愛知県安城市に向上を新設し、メディカル事業製品の生産機能を新工場及びグループ企業であるニチバンメディカル(福岡県)に再編し、最適生産体制を構築する。
2018年度末にメディカル事業の売り上げ構成比率40%という目標を掲げているが、15年4―9月期で38%となった。堀田直人社長は「目標値に近づいてきた。できるだけ早い達成を目指したい」としており、商品認知度を高め、さらなる事業拡大を目指すとしていることから、押し目は注目しておきたい。
2015/12/03/8:00