イクヨ(7273)【三菱自動車向け内・外装品好調も低PERで注目!】

イクヨ  [7273] 東証2部 時価:234円

イクヨ(7273)は三菱自動車・三菱ふそう向けに約73%、その他の自動車メーカーに自動車内・外装品を供給しており、16年3月期第2四半期累計(4-9月)の経常利益(非連結)は前年同期比14.2%増の3.7億円に伸び、従来の30.4%減益予想から一転して増益で着地しており、併せて、通期の同利益を従来予想の4.7億円→7.1億円(前期は8.3億円)に49.4%上方修正し、減益率が42.7%減→14.4%減に縮小する見通しとなるなど、業績が急回復してきました。
同社の主要取引先である三菱自動車・ふそう、からの受注が安定的に推移し、売上が増加したことにより売上高も当初の予測を上回り、利益面では売上高の増加に伴い生産効率が上昇し、営業利益、経常利益は当初の予測値を上回る結果となっております。
会社側が発表した上期実績と通期計画に基づいて、当研究所が試算した10-3月期(下期)の経常利益は前年同期比33.5%減の3.3億円に落ち込む見通しとなりますが、直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の経常利益は前年同期比12.1%増の2.6億円に伸び、売上営業利益率は前年同期の8.7%→8.9%とほぼ横ばいだったことから、下期の利益も大きく落ち込まない可能性が高く、再度の上方修正の可能性が高くなってきました。
株価は7月の高値235円に近づいてきましたが、PER4、9倍は依然として低く、高値抜けから一段と上昇する可能性を秘めており、押し目を注目してみたい。
2015/12/10/8:15