和井田製作所(6158)【信頼の「Made in Japan」に貢献し、業績急回復!】

和井田製作所  [6158] 東証JQ部 時価:819円

和井田製作所(6158)は飛騨高山の地で長い歴史を背景に、日本の最も得意な「もの作り」の伝統と精神を受け継ぎ、最高のキサゲ技能(すり合わせ技術)と精密組み立て技術を駆使した工作機械作りを通して、「研削加工技術」と「精密機械技術」を提供し、カメラや自動車に代表される「Made in Japan」の高品質に対する信頼を得るためには、単に最先端技術だけではなく、長い「もの作り」の伝統に裏付けされたものであります。
同社は連結経常利益を従来予想の5.5億円→8.8億円(前期は4.9億円)に58.2%上方修正し、増益率が13.6%増→79.8%増に拡大する見通しとなり、同時に、4-9月期の連結経常利益も従来予想の2.9億円→4.3億円(前年同期は1.4億円)に48.6%上方修正し、増益率が2.1倍→3.1倍に拡大する見通しとなっております。業績好調に伴い、今期の上期配当を従来計画の6円→10円に大幅増額し、下期配当も従来計画の6円→10円に増額修正しており、年間配当は20円(前期は8円)となります。
全ての機械や部品は「工作機械」によって作られていることから、「マザーマシン」と呼ばれ、産業を支える重要な役割を担っています。同社の工作機械はその中でも特殊な「研削盤」と呼ばれ、金属などの材料を削ったり、穴を開けたりすることで必要な形状、寸法、表面状態に加工する機械を製造しています。特に超硬合金(タングステンカーバイド)・セラミックス・CBN・ダイヤモンド焼結体などの「硬くてもろい材料」を、ミクロン(千分の一ミリ)単位の精度で仕上げる、かなり特殊な分野に特化した製品を供給しており、世界でも限られたメーカーしか製造していない、特殊な技術が必要な機械であり、「Made in Japan」の製品に貢献しています。株価は11月30日の高値から調整をへて出直りのタイミングに来ていると思われることから押し目は、再度注目してみたい。

2015/12/11 8:30