イリソ電子工業(6908)【新製品コネクタ「Z-Move」の将来性に期待!】

イリソ電子工業  [6908] 東証JQ部 時価:6,650円

イリソ電子工業(6908)は、配線基板同士を接続するコネクタを開発、製造、販売し、顧客の作業効率を格段に向上させる主力製品「可動 B to B」コネクタを始め、高付加価値商品を有して、売上の約80%が車載向けで、国産自動車メーカー及び海外の主要メーカー全てに同社のコネクタは搭載されている。今後、電気自動車、ハイブリッド自動車等の普及でビジネスチャンス拡大しており、早期から海外進出に積極的で、売上、生産共に海外が中心であります。
同社はこれまでは車載分野の中でもAVNやエレクトロニクス用コネクタを中心にとビジネスを展開してきたが、カーメーカーがエコカーへのシフトを一層強める中、車載分野で更なる成長を目指して開発したコネクタが「Z-Move」である。
同社の独自性が発揮されている代表的製品「可動 B to Bコネクタ」は、自動車走行中のX軸とY軸2方向の振動、衝撃を吸収するもので、AVNやカーエレクトロニクスの分野では十分な性能を発揮しカーメーカーからの信頼も厚い。ただ、エンジン周りなど車室外の重要保安部品分野においては、「振動共振」が発生するとB to Bコネクタの性能が発揮されないケースも多くなり性能保証が難しかった。そこで、X軸、Y軸に加え、Z軸方向からの振動も吸収して接点が動かないのが「Z-Move」であり、既に特許出願済であります。
2014年初頭に開発をスタートさせ、2015年8月から出荷を開始しており、12月には同製品を搭載した自動車が販売されました。
今期はカーメーカー2社への納入が決まっており、会社側は、今後5年程度で大型製品に成長すると期待していることから、来年は更なる株価上昇が期待できる。
2015/12/29/8:10