モバイルファクトリー(3912)【前期経常を24%上方修正・最高益予想を上乗せ!】


モバイルファクトリー  [3912] 東証M部 時価:1,800円

モバイルファクトリー(3912) が1月21日に業績修正を発表。15年12月期の連結経常利益を従来予想の2.4億円→3億円(前の期は2.1億円)に24.0%上方修正し、増益率が16.0%増→43.9%増に拡大し、従来の3期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。
 会社側が発表した上方修正後の通期計画に基づいて、当研究所が試算した7-12月期(下期)の連結経常利益も従来予想の1.1億円→1.7億円に50.0%増額した計算になります。
位置情報連動型ゲームの「ステーションメモリーズ!」のiOS及びAndroid向けが全体的に好調に推移し、売上高は概ね想定どおりの見込みとなっています。
同社は地域活性化を協力して推進することを目的に、位置情報連動型ゲームであることを生かして、15年10月に開始した岩手県との連携した「いわてx駅メモ!」キャンペーン〜駅メモ!で巡る「黄金の國、いわて。」も順調の模様であります。これは、IGRいわて銀河鉄道と三陸鉄道(北リアス線)の駅を回るデジタルスタンプラリーです。キャンペーン指定駅で位置登録を行うと駅メモ!内アイテムを獲得。更に岩手を旅するでんこたちの物語が開放されていきます。
一方、利益面では15年末に競合企業が広告出稿を積極化する中で広告費が高騰したことから、費用対効果を考慮し、宣伝費用を抑制したことが利益の上乗せにつながった。
本日、15年12月期決算を発表予定であり、その後決算説明会が予定させており注目してみたい。
2016/01/22 8:50