モスフードサービス(8153)【4-12月期経常は2.6倍増益・通期計画を超過】

モスフードサービス  [8153] 東証1部 時価:3,280円

モスフードサービス(8153)は日本生まれのハンバーガーチェーン「モスバーガー」を主にフランチャイズ形式で運営し、モスバーガーのほか、紅茶の「マザーリーフ」や日本食の「あえん」なども展開している。海外でもアジアを軸にモスバーガーを出店しており、2015年12月末現在の店舗数は1752店舗(国内1428店舗、海外324店舗)となっている。2008年にはドーナツ専門店「ミスタードーナツ」を運営するダスキンと資本・業務提携を結んでいる。
同社の16年3月期 4 -12月の売上高は前年同期比8.0%増の533.78億円、連結経常利益は既存店の好調などを理由に前年同期比2.6倍の31.4億円に急拡大し、通期計画の25億円に対する進捗率が125.8%とすでに上回り、更に5年平均の84.3%も超えた。
直近3ヵ月の実績である10-12月期の連結経常利益は前年同期比2.9倍の13.9億円に急拡大し、売上営業利益率は前年同期の2.6%→7.1%に大幅改善した。しかし、2016年3月期通期は、売上高が前年同期比4.8%増の695.00億円、経常利益で同54.4%増の25.00億円と昨年11月に上方修正した予想を据え置いた。
 同社は2016年3月期までを「成長への布石期」とし、2017年3月期からを「成長期」と位置づけている。現在は、成長期への移行を目指して、国内では商品力の強化やネット注文の促進、朝食マーケットの開拓などを推進。また、モスバーガーに次ぐ新業態の確立にも取り組んでいる。海外ではモスバーガーブランドを「世界のブランド」に成長させるため、アジアのほか、オセアニア、欧州、北米なども視野に出店を検討していく考えである。
同社が3月末、9月末の保有株主に対して発行する株主優待券は、同社店舗のほか、ミスタードーナツでも利用可能となっていることから押し目は注目しておきたい。
2016/02/10/8:15