イー・ギャランティ(8771)【法人向け債権保証サービスが順調で最高益更新!】

イー・ギャランティ  [8771] 東証1部 時価:2,205円

イー・ギャランティ(8711)の業績が順調に推移している。同社の第3四半期累計の連結業績は、売上高が前年同期比9.2%増の32.80億円、営業利益が同18.9%増の13.78億円、経常利益が同18.8%増の13.97億円、純利益が同21.9%増の8.45億円と各利益で2ケタ増益を達成した。通期業績見通しは従来計画を据え置いた。売上高が前期比15.6%増の47.00億円、営業利益が同18.3%増の18.20億円、経常利益が同18.4%増の18.50億円、純利益が同18.3%増の10.70億円を見込んでいる。
同社は、企業の売上債権に対する信用リスク保証サービスを主力事業とする。信用リスクは金融機関に再保証を委託することでヘッジしている。「保証残高×保証料率」が売上高となるストック型のビジネスモデルであります。
企業倒産件数が前年比で7.2%減少するなど倒産が抑制されているなか、主力の信用リスク保証サービスが順調に推移した。信用リスク受託ビジネスにおける裾野拡大を目指し、新たなチャネルとして芙蓉総合リース(8424)や、城北信用金庫、さわやか信用金庫、大阪商工信金などとも提携して、従来からの地方銀行に加え、信用金庫と提携するなど販売網の拡充に努めた。
今後は大手地銀には増員も計画し、提携先のきめ細やかなフォロー体制を構築し、紹介を受ける企業の数を増やしていき、業容拡大につなげていく方針であり注目しておきたい。
2016/02/15/8:30