D・A・コンソーシアム(4281)【スマホ向け縦型動画プロモーション『タテグミ』が好調!】


D・A・コンソーシアム  [4281] 東証JQ部 時価:805円

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(4281)は、博報堂DYホールディングス(2433)の子会社で、インターネット広告事業を手掛けています。最近、インターネット広告市場の継続的な成長を背景に、ブランディング目的など多様な利用が拡大している動画広告に新たな、縦型動画プロモーション『タテグミ』や、メッセージングサービス、キュレーションメディアといった新しい成長メディアが牽引するスマホ、タブレット型端末のスマートメディア向け広告が好調に推移しており、2月5日には今3月期通期の連結経常利益を従来予想の35,5億円→44億円(前期は25,1億円)に23,9%上方修正し、増益率が41,0%→74,7%増に拡大し、従来の2期連続での過去最高益予想を更に上乗せしています。
尚、同社は子会社トーチライト(非上場)を通じて、ソーシャルメディア活用に関連した広告の運用支援を行っている。トーチライトは「Twitter」「フェイスブック」のほか、写真共有メディア「インスタジアム」のパートナー企業になっており、各ソーシャルメディアでの広告運用に強みをもっていることから、ソーシャルメディアに関して、今後も優位に事業展開を進めることが出来るでしょう。
株価は高値圏にありますが、好業績背景に、中・長期的には上昇基調が見込めることから、押し目を注目しておきたい。
201603/02/8:25