アイロムグループ(2372)【センダイウイルスベクターを用いたiPs細胞作製技術の特許を取得!】

アイロムグループ  [2372] 東証1部 時価:1,049円

アイロムグループ(2372)の子会社のIDファーマは、センダイウイルスベクターを用いてiPS細胞を作製する方法に関する技術(「本iPS細胞作製技術」)について日本において、基本特許に続き改良特許(以下、「本改良特許」という)の特許査定を取得ししたと発表されました。
これは、センダイウイルスに、Klf 遺伝子、Oct 遺伝子、およびSox 遺伝子が挿入されたベクター(KOS ベクター)、及びMyc 遺伝子が搭載されたベクター(MYC ベクター)を組み合わせて用いる、多能性幹細胞の誘導における遺伝子導入に使用するための組成物であり、更にKlf 遺伝子が挿入された別のセンダイウイルスベクター(KLF ベクター)と組み合わせて用いられる組成物も含まれる。
この「本改良技術」というのは、現在世界中に販売されている研究用のiPS細胞作製キット「CytoTune®-iPS」および再生医療分野等向けの臨床用のCytoTune®-iPSに用いているものです。
すでに、同社は米スタンフォード・メディシンXとの間で、戦略的パートナーシップ関係構築で合意したと発表しております。スタンフォード・メディシンXはスタンフォード大学傘下の産学連携組織で、アイロムグループ子会社のIDファーマとは再生医療の分野で提携。今回の戦略的パートナーシップ構築では、IDファーマの保有する技術・開発パイプラインなどに関して、メディシンXは、基盤技術の利用可能性の拡大や開発パイプラインのステージアップ、およびその他の共同研究・開発戦略を構築し実行する。
一方、アイロムグループではメディシンXが保有ないし関与する技術、開発パイプライン、製品およびサービスについて、日本市場においてアライアンス活動を代理するとしています。
今後、両グループは、新たな治療技術や治療薬を開発していく方針であり、活躍が期待されます。
2016/03/09/8:45