ハーモニック・ドライブ(6324)【産業用・医療用福祉ロボット市場の拡大による恩恵大!】

ハーモニック・ドライブ  [6324] 東証JQ部 時価:2690円

現在、人手不足解消の為に、製造業向けのほか、医療福祉や家事といったサービス分野でもロボットの開発が加速している。実用化には物を持ったり動き回ったりするため、関節の緻密な制御が必要になる。関節部を動かすモーターの回転を調節するのが減速機と呼ぶ部品だ。なかでもハーモニック・ドライブ・システムズ(6324)が手掛ける「波動歯車装置」はロボットの小型化や軽量化に欠かせない。
ある大手産業用ロボットメーカーの幹部はこう断言する。「減速機で信頼できるのは世界で3社しかない。この3社で世界シェアの9割を握っているともされる。」サイズが大きいほうから住友重機械工業(6302)、ナブテスコ(6266)、そしてハーモニック(6324)だ」。90年代には半導体、2000年代は携帯電子端末の製造など精密制御市場の拡大とともにHDSの顧客網も広がった。
同社は30億円弱を投じ、ロボットの力を引き出す部品の減速機の生産能力を増強する。長野県にある工場の建屋や工作機械を拡充、主力製品の月産能力を現在の25%増の5万個程度に高める。長野県安曇野市の主力工場に最大で延べ床面積3千平方メートルの新棟を建設する。新棟には部材を切削したり研磨したりする最新鋭の工作機械を導入する。このほか減速機向けのベアリング(軸受け)などの生産を担う子会社の設備も増やす。波動歯車装置であるハーモニックドライブは、楕円と真円の差動を利用した減速機で、小型軽量高効率で多くのサーボモータに使われており、特徴として高減速比、軽量、コンパクト、バックラッシュが少ないなどがある。これらの特徴により多くのロボットに使用されており、今後ロボット市場の拡大が益々増加することが予想されることから注目しておきたい。

2016/03/14/8:55