ラクーン(3031)【韓国最大級の海外発送代行サービス会社と業務提携!】

ラクーン  [3031] 東証M部 時価:612円

ラクーン(3031)は、同社が運営する卸・仕入サイト「スーパーデリバリー」が、韓国最大級の海外発送代行サービス「Malltail(モールテール)」を展開するgroowbits(東京都中央区、以下、グロービッツ)と業務提携しました。
スーパーデリバリーは主にアパレルと雑貨を扱うマーケットプレイスで、国内に限らず海外の小売店も購入可能な仕入れサイトで、掲載商品数は約54万点で、海外から人気の高い日本製品、日本企画の商品も数多く出品され、年々、海外小売店の購入店舗数、流通額は増加し続けています。
グロービッツは、日本から韓国への海外配送代行を行うモールテールを運営しており、海外への配送を行っていない日本のショッピングサイトから、韓国の購入者に対して、購入者が代金支払い後にモールテールが購入者に代わって商品を受け取り韓国へ発送しているサービスです。
配送保険がついた法人契約の割安な国際配送料で手軽な海外配送を実現しています。
今回の提携により、スーパーデリバリーの会員小売店がモールテールを利用する際の料金が優遇価格となるため、韓国の小売店においては、モールテールを利用してスーパーデリバリーから仕入れをすることで、海外向け仕入れサービスの「SDexport」を利用した場合よりも送料を抑えた仕入れが可能となることから、新たな海外小売店の集客と売上アップが見込まれるでしょう。又、相互の利用ユーザーに対しての利便性の向上や、昨今盛り上がりを見せている越境ECの益々の活性化に繋がると考えられます。
又、昨日、フィスコ(3807)がビットコイン取引所の運営を行う会社「フィスコ・コイン」を4月1日付で設立することを発表したのをきっかけに、フィンテック関連株に物色人気が波及していますが、ラクーンは2月25日にSBIインベストメントが設立運営する「FinTechファンド」に1億円出資し、業界の情報収集強化とFinTechベンチャーとの協業・連携、「Paid」の利便性向上や革新的なサービスの提供に取り組むとしています。
2016/03/18/ 7:55