エス・エム・エス(2175)【介護・医療向けに特化した人材紹介に強みで注目!】


エス・エム・エス  [2175] 東証1部 時価:2,079円

エス・エム・エス(:2175)は高齢社会と情報インフラに特化した事業を展開しており、介護や医療向けの人材紹介サイト運営が売り上げの7割です。2003年5月に始めた「ケア人材バンク」や、看護師紹介の実績シェアが3割で首位という「ナース人材バンク」など約15の求人関連サイトを持っています。同社は全国の病院の約6割の求人情報を網羅しているとみています。
少子高齢化の進展で、介護や医療に関わる人材の需要は年々高まっており、中でも看護師向けは自社で手掛けるコミュニテイサイトとの相乗効果もあり、就職や転職に利用した看護師は年間約1万人にのぼります。業績も拡大し、16年3月期は売上高が前期比27%増の191億円、経常利益は27%増の34億円を見込み、2005年3月期から12期連続の増収増益となる見込みです。
今後も医療・介護業界は人手不足が続く見込みで、人材紹介サービスのニーズは益々高まると予想されることで、同社の活躍するフィールドは広まって行くでしょう。
又、今後は海外事業にも積極的で、15年10月にはシンガポールのMIMSについてグループの持株会社を三井物産(8031)と約300億円で買収した。同グループはアジアで医療情報サービスを展開し、約170万人の医療従事者を会員に持っており、買収で、製薬会社向けのマーケティング支援や医療機関の経営支援、人材関連事業に手を広げる計画であり、このように国内外での事業拡大に取り組んでいることから、押し目は注目しておきたい。
2016/03/22/8:20