トレイダーズ(8704)【外国人客、指紋認証で日本観光…政府が今夏実証実験へ!】

トレイダーズ  [8704] 東証JQ部 時価:230円

日本政府は今夏、外国人観光客が指紋認証だけで買い物や本人確認ができるシステムの実証実験を始める。現金やクレジットカードを持ち歩かずに済む利便性や防犯効果をアピールし、訪日外国人の増加につなげたい考えだ。2020年東京五輪・パラリンピックまでの実用化を目指している。 計画では、外国人旅行者は空港などで指紋やクレジットカード情報などを登録。店頭に置かれた専用端末で、指2本の認証を行うだけで支払いや免税手続きが可能になる。また、旅館業法に基づき、外国人旅行者にはホテルや旅館に泊まる際にパスポート提示を求めているが、指紋認証での代用を認める方針だ。
 実証実験には、外国人に人気が高い神奈川県の箱根と鎌倉、湯河原、静岡県の熱海にある約300の土産物店や飲食店、ホテルなどが参加。来年春までに東北の観光地や名古屋の市街地などにも順次広げ、20年には東京など全国で実用化する計画であります。
同様のシステムは、国内の銀行やテーマパークで実用化の動きがでており、先日、トレイダーズ(8704)が資本業務提携を発表した、生体認証・決済サービスの開発・提供などを手掛けるLiquid社の技術を、長崎の「ハウステンボス」では約30の店やレストランで、指紋認証だけで料金を支払う仕組みを試験導入しています。更に、同様のシステムを採用したイオン銀行は今月内にも、キャッシュカードなしに、指紋だけでATMでの預金引き出しが出来る邦銀初の実証実験を始めます。同行は「なりすまし防止など安全面でも優れている」と説明しています。
今後も訪日外国人は益々増加する事が予想されることから、安全面とプライバシー保護や情報管理などの課題をクリアできれば、指紋認証による本人認証システムは色々な場面に採用される事でしょう。
2016/04/11/8:15