イー・ガーディアン(6050)【ブロックチェーン推進協会(BCCC)」へ参画!】

イー・ガーディアン  [6050] 東証M部 時価:1368円

イー・ガーディアン(6050)は25日、ブロックチェーン技術の進化に寄与することを目的とした「ブロックチェーン推進協会(BCCC)(理事長;平野洋一郎:インフォテリア?代表取締役社長」に発起メンバーとして参画すると発表しました。
ブロックチェーン技術はフィンテック(金融IT革命)の中核技術として注目を集めるだけでなく、業界を問わず情報システムの進化に大きな貢献をもたらすものとして期待されています。しかし、現在国内のブロックチェーン技術開発と実証実験は世界に対して遅れを取っていないにもかかわらず、その実績や技術情報が共有されていないため適用領域がほんの一部に留まっている現状であります。
同協会では、ブロックチェーン技術に関する情報交換や普及啓発、資金調達支援などを行い、わが国産業の国際競争力増進に貢献するとともに、ブロックチェーン技術の進化にも寄与することを目的としています。更に、世界のブロックチェーン団体とも連携しその情報を国内で配信するほか、本会で培われた技術と経験は、ブロックチェーン先進国として日本から世界へと向けて発信することになります。
その他の発起メンバーとして、テックビューロや日本マイクロソフトのほか、新興市場上場企業ではアイリッジ(3917)、インフォテリア(3853)、SJI(2315)、ドリコム(3793)、フィスコ(3807)、ホットリンク(3680)、ロックオン(3690)などが名を連ねており、
同社は、ネットセキュリティのリーディングカンパニーとして、ブロックチェーン技術の実装における脆弱性の実証検証等にいち早く取り組み、ブロックチェーン技術の適用領域の拡大に貢献していくでしょう。業績は好調で、16年3月上期の連結経常利益を従来予想の1.5億円→2億円に29.5%上方修正。増益率が13.0%増→46.4%増に拡大し、従来の3期ぶりの上期の過去最高益予想をさらに上乗せしております。尚、5月9日が決算発表の予定です。
2016/04/26/8:40