JCRファーマ(4552)【国内初の他家由来再生医療製品 安定供給へ純国産化!】

JCRファーマ  [4552] 東証1部 時価:3180円

JCRファーマ(4552)は国内初の他家由来再生医療製品「テムセルHS注」の純国産化を図る。同製品は今年2月に急性移植片対宿主病(急性GVHD)治療用として国内上市されている。ただ、原料となる骨髄液や、細胞を拡大培養する容器を海外調達していることが、安定供給、低コスト化のネックになっている。同社は代替原料として国内で調達可能な抜去歯を利用したり、国内企業と共同で細胞培養容器を開発することで、これらの課題の解決を目指すとしている。更に同社は「腎性貧血治療薬である持続型赤血球造血刺激因子(ESA)製剤『ダルベポエチンアルファ(一般名)』(製品名・ネスプ)のバイオシミラー(バイオ後続品)『JR−131(開発コード)』について、今夏にも第2/3相臨床試験(P2/3)を開始する」予定であり、この独自技術を活用することで先発薬と同等の品質確保を目指しているという。先発薬の国内特許が切れる2019年の上市を計画しているとあり、中長期的な業績への寄与が期待されることから、押し目を注目したい。
2016/06/14 8:20