エッチ・ケー・エス(7219)【車過給器を自社生産、売上高100億円を目指す!】

エッチ・ケー・エス  [7219] 東証JQ部 時価:938円

モータースポーツ向けマフラーなど改造部品を製造販売するエッチ・ケー・エス(7219)は富士宮市の本社内に新工場を建設した。加速力を高める過給器を製造し、将来は月産1万個を見込む。従来は主に社外から調達していた。社内で自動車部品を一貫生産し、2021年8月期に連結売上高を15年8月期比で約4割増の100億円に引き上げる。一連の投資額は約6億円。
5月末までに本社内に広さ約1300平方メートルの第6号棟を新設。過給器のほか、路面の凹凸による衝撃をやわらげるサスペンションを製造できるようにした。現在は主にサスペンションを生産しながら、受注の状況に応じて過給器製造に軸足を移して数年後をめどに本格稼働する。
 従来、過給器は主に社外へ発注していたため納品までに1カ月かかる場合もあったが、自社生産により1週間程度に短縮できるという。
更に、同社はディーゼル車を天然ガス車へ改造する事業も順調に伸びるなど、業績は好調で、16年8月期第2四半期累計(15年9月-16年2月)の連結経常利益は前年同期比3.3倍の1億7200万円に急拡大し、従来の3.8%減益予想から一転して増益で着地。
 併せて、通期の同利益を従来予想の4億円→4億2000万円(前期は3億4600万円)に5.0%上方修正し、増益率が15.6%増→21.4%増に拡大する見通しとなった。
直近3ヵ月の実績である12-2月期(2Q)の連結経常利益は前年同期比80.8%増の4700万円に拡大し、売上営業損益率は前年同期の-0.3%→3.2%に大幅改善した。
1株純資産は2242円もあり、PER9,3倍、PBRも0,42倍と割安なことから中長期目標で押し目を狙ってみたい。
2016/06/28 8:10