CRE(3458)【今期経常を64%上方修正・2期ぶり最高益、配当も4円増額!】

CRE  [3458] 東証1部 時価:2691円

シーアールイー(3458)が6月29日に業績・配当修正を発表。16年7月期の連結経常利益を従来予想の23.1億円→38億円(前期は21.8億円)に64.2%上方修正し、増益率が5.9%増→73.9%増に拡大し、2期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。業績好調に伴い、期末一括配当を従来計画の16円→20円(前期は10円)に増額修正した。
会社側からによると、「物流施設2物件売却に関するお知らせ」のとおり、当第4四半期に売却予定の「ロジスクエア久喜」「ロジスクエア羽生」の売却契約締結に伴い、売却価格及び開発利益の見通しが立ったので、業績予想を修正しており、売上高・利益ともに過去最高となる見込みです。  売上高は、物流不動産投資市場が活況であったため、物流投資事業にて物流施設2物件を当初計画より高い価格で売却できる見込みである一方、アセットマネジメント事業においては、物流ファンド組成の準備に注力したため前回予想を下回り、33,800百万円を予想しています。利益は、物流投資事業での上記要因により、前回予想を上回り過去最高となる見込みであり、営業利益42億円、経常利益38億円、当期純利益22億円を予想しています。
会社側が発表した上方修正後の通期計画に基づいて、当研究所が試算した2-7月期(下期)の連結経常利益も従来予想の20億円→34.9億円(前年同期は6.8億円)に74.0%増額し、増益率が2.9倍→5.1倍に拡大する計算になります。
2016/06/30 8:05