フジクラ(5803)【LiC参入、 エネ密度2倍、EV・蓄電設備などを的に!】

フジクラ  [5803] 東証1部 時価:554円

フジクラ(5803)は、リチウムイオンキャパシター(LiC)に参入すると発表しました。独自技術により活物質を高密度化し、既製品よりエネルギー密度を約2倍も高くした新らしいセル、モジュールを開発しました。電気2重層キャパシター(EDLC)の代替や電気自動車(EV)などのモビリティ、携帯機器、蓄電設備など幅広い分野へ展開していく方針であります。生産は自社・パートナー委託の両面を検討しています。有償サンプルの提案を進めており、2018年度の量産開始を見込んでいます。 
更に、大都市では、高層化、過密化により都市中心部への送電線による電力供給は難しくなっており、送電ケーブルの地中化が積極的に進められていることから、同社の「大容量架橋ポリエチレン絶縁地中送電ケーブル(CVケーブル)」注目されます。CVケーブルはOFケーブルと比べ、給油設備は不要、メインテナンスもほとんど要らないということから、近年、地中送電ケーブルの新設工事は全てCVケーブルが用いられています。新しく誕生した小池百合子東京都知事の選挙公約や政策の中で、「都道の電柱ゼロ化、技術開発を支援する」としており、更に注目しておきたい。
又、同社は自社株を除く約3,39%にあたる1000万株(金額で60億円)を上限に自社株買い(買付け期間は7月29日から10月31日まで)を実施しており、需給改善や株式価値の向上に繋がることから注目してみたい。
2016/08/05 8:25