アドベンチャ-(6030)【今期経常は45%増で4期連続最高益更新へ!】

アドベンチャー  [6030] 東証M部 時価:6610円

アドベンチャー (6030) が8月12日に決算を発表し、16年6月期の連結経常利益は前の期比86.5%増の2億7600万円に伸び、17年6月期も前期比44.9%増の4億円に拡大を見込み、4期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。5期連続増収、4期連続増益になります。同時に、従来は無配としていた前期の期末一括配当を22円実施するとし、今期の年間配当は未定とした。
又、同社は7月8日に、同社が運営する格安航空券の予約販売サイト「skyticket」と世界展開するオンライン旅行検索サイト「KAYAK」が提携することを発表しております。「KAYAK」は世界の航空会社、旅行代理店からのフライト、ホテル、レンタカーの一括検索と比較を可能にするオンライン旅行検索サイトで、KAYAK Software Corporationがアメリカ、オーストラリア、ニュージーランドやアジアのユーザーに対して提供、KAYAK Europeがヨーロッパのユーザーに対して提供している。今回の提携により、「KAYAK」で「skyticket」が取り扱っているサービスの検索が可能となり、ユーザー数や予約数のさらなる増加が期待されます。
更に、格安航空券の予約販売サイト「skyticket」において6月の1ヶ月間の取扱高が22.49億円を記録し、前年同月比93%増を達成しております。「skyticket」は、日系LCC含めた航空会社別の横断検索機能が可能で、海外航空券では業界最安値の航空券を提供しています。旅行商品の拡充においても、ホテル予約や旅行保険、ふるさとツアー、民泊、レンタカー予約へと拡大を続けています。
政府は15年に1974万人だった訪日客を、20年に4000万人に増やす目標を掲げており、日本への入国審査を出発前に現地の空港で済ませられる仕組みを導入する方針だ。増える訪日外国人観光客に対応するためで、まず韓国政府、台湾当局と交渉を進め、2017年度中の実現をめざす。日本の空港での審査手続きを省略して入国時の待ち時間を大幅に短くする。訪日外国人の利便性を高めて観光客増につなげる方針であり、同社にとってはフォローの風が吹いてきています。
今期も引き続き主力の航空券サイトの利用者増加で手数料収入が伸び、30.5%の大幅増収を見込むことから、引き続き注目しておきたい。
2016/08/15 8:25