C&R(4763)【VR/AR市場開拓の新会社を設立、東証1部に指定替え!】

C&R  [4763] 東証2部 時価:648円

クリーク・アンド・リバー社(4763)はテレビなど映像関連を中心としたクリエイターのエージェンシー(代理業)を主な事業としています。
同社は先週19日に中国のアイデアレンズ社などと共同で、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)における日本市場進出のための新会社を設立したとに発表しました。新会社「VR Japan」は、アイデアレンズの製品・技術力と、C&Rグループのマーケティング能力を掛け合わせ、日本のVR/AR市場を開拓するのが設立の狙いで、アイデアレンズ製品の日本における独占販売やマーケティング、プラットフォームの運営管理などを行う方針であります。
アイデアレンズ社は、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)、AI(人工知能)などの領域で60項目あまりの特許を保有する中国の企業グループ「理想境界集団」のひとつで、2014年に設立された企業。15年7月にVR専用OS搭載のケーブルレス一体型VRデバイスの量産化を実現している。
C&R社などが新たに設立する合弁会社は、VRやAR分野での日本市場への進出や日本コンテンツの中国展開などを図る。また、C&Rグループは、クライアントやプロフェッショナルと新しいサービス開発と行うとともに、日本の優れたコンテンツを世界へと配信するとしています。
今後市場が急拡大するVR/AR関連の合弁設立による業績への寄与が期待できることから注目しておきたい。
更に、同社は8月31日付けで東証2部から東証1部に指定されることになったと発表されました。
2016/08/25 8:35