ワイエイシイ(6298)【ミユキエレックスの株式取得(子会社化)し、医療分野に進出!】

ワイエイシイ  [6298] 東証1部 時価:1366円

ワイエイシイ(6298)は29日、電子応用装置の製造販売を手掛けるミユキエレックス(名古屋市西区)の全株式を取得し、9月30日付で100%子会社化すると発表しました。
 ミユキエレックスは、医療用機器をはじめ、通信機器、監視システム機器、印刷機器、電子部品等の製造販売をおこなっています。同社は人工透析装置をはじめ販売先との技術提携により製品開発を行い、安定的な製品供給を行っています。
今回の買収により、ワイエイシイは医療分野へ進出することになるほか、各種機器製造の技術面でのシナジーも期待できるとしています。なお、取得価格は3億3500万円程度で、17年3月期業績に対する影響は精査中としています。
又、米アップルが来年発売の「iPhone7s」に有機ELを採用する方針が関連業界に波紋を広げています。iPhoneは現在、スマートフォンの世界販売の20%近くを占めるだけにインパクトは絶大とみられ、韓国サムスンとLGは中小型液晶パネルへの巨額の設備投資をしています。国内ではシャープ(6753)とジャパンディスプレイ(6740)がパネルメーカー2社も有機EL部野に経営資源を傾注する構えでありましたところ、シャープの戴正呉社長は29日、日本経済新聞などの取材に応じ、次世代ディスプレーとして期待される有機ELパネルについて、液晶パネル大手のジャパンディスプレイと共同開発したいとの考えを明らかにした」と報じており、製造装置や部材を手掛ける企業に特需が期待されます。そのなか、ワイエイシイが手掛けるプラズマドライエッチング装置は断トツの業界シェアを有しており、今後は有機EL向けでこの好環境を享受する可能性が高くなってきております。
更に、同社株式について、8月11日に提出された大量保有報告書で、ブラックロック・ジャパンが共同保有者と同社株を49万8300株(保有割合5.15%)純投資として保有していたことが判明しており、需給思惑からも注目しておきたい。
2016/08/30 8:50