ビジョン(9416)【Webマーケティング支援とWi-Fiルーターレンタルの主力2本事業が好調!】


ビジョン  [9416] 東証M部 時価:1540円

ビジョン(9416)は、モバイルインターネット環境を提供するWiFiルーターのレンタルを国内外で行うグローバルWiFi事業と、スタートアップ、ベンチャー企業を中心に各種通信サービスの加入取次ぎ、移動体通信機器販売、OA機器販売、ホームページ制作等のサービスからなる情報通信サービス事業の2つの事業を主軸に展開しており、昨年12月の東証マザーズ上場により、世界展開を加速して、NO1グローバルNEW通信サービス事業者をめざしています
同社は、中期経営計画・目標は公表していないが、「世の中の情報通信産業革命に貢献する」という経営理念に沿って、主要2事業で成長戦略を着実に実行することで永続的な成長を目指している。グローバルWiFi事業では、4G-LTEエリアの拡大、タッチポイントの増設などサービス、利便性向上のための取り組みを継続していることに加えて、メディアサービス、民泊関連サービスなど新たな柱のアドオンや海外展開の動きを、戦略的アライアンスを絡めながら加速させている。また、情報通信サービス事業でも電力サービス販売を開始するなど、商品・サービス・ビジネスモデル強化を着実に推進している。
同社の2016年12月期第2四半期累計の連結業績は、売上高は前年同期比20.3%増の6,952百万円、営業利益は同50.2%増の558百万円、四半期純利益は同2.8%増の341百万円と2ケタ増収・営業増益を確保し、売上高及びいずれの利益も過去最高を更新しております。増収は、グローバルWiFi事業と情報通信サービス事業とも好調に推移したことによります。
又、同社は5日、JC Connect(JCC)の第三者割当増資引受を行うと発表しました。JCCは、中国ソーシャルメディアである「WeChat(微信:ウィーチャット)」のプラットフォームを活用した広告出稿手配や運用代行などの業務を手掛けており、WeChatの広告公式パートナーであるFJ Solutionsの子会社です。
ビジョンは、訪日外国人旅行者に対して、日本専用Wi-Fiルーターレンタルを提供するとともに、そのユーザーに情報誌「SHINOBI」の提供などを通じて、その広告主となる小売店や企業、観光地、施設等への送客を支援するビジネスも展開しており、また、帰国後も更に購買いただけるよう越境ECへ取り組む方へのビジネスも強化していきます。
ビジョンとJCCは、資本関係を築くことにより、訪日中国人旅行者をターゲットとするサービス開発やコンテンツ作成、広告主のマッチングなどで協働して、成長を加速させる方針であります。
2016/09/06 8:00