お知らせ:フィンテック関連に注目

フィンテックへ投資急増、世界で2.4兆円、日本も追随、三井住友系、700億円で投信!

金融と情報技術を組み合わせたフィンテック事業を手掛ける企業への投資が急増している。2016年は世界で240億ドル(2兆4000億円強)と過去最高を更新する見通しだ。日本でも関連する金融商品が相次いで立ち上がり、三井住友アセットマネジメントが新たに設定する投資信託は当初の運用規模が700億円超と今年最大になる。個人も含めた投資マネーの流入で、金融業の技術革新が一段と加速する可能性が出てきた。
 フィンテックはファイナンスとテクノロジーを組み合わせた新語。最新の情報技術を活用し、決済や運用などの金融事業の利便性や効率性を高める事業を指す。
データ処理などテクノロジーの進歩を受け、米国を中心にフィンテック事業に挑むベンチャー企業が相次いで登場。投資額も急拡大している。世界の投資額は14年までは100億ドルに満たなかったが、15年に197億ドルと倍増したもよう。16年はさらに2割増え、20年には約461億ドルまで膨らむと予想されている。
 地域別では米国が先行しており、15年には投資額の6割強を集めた。業態別では個人向けの決済やオンラインの融資事業が目立つ。コンピューターのプログラムが個人の資産運用を指南する「ロボット・アドバイザー」も有望視されている。
海外勢を追いかける形で日本でも投資が盛り上がり始めている。三井住友アセットが9日に設定する投信、「グローバルAIファンド」はすでに700億円超の資金を集めた。今年、新規設定された投信では最大規模でのスタートとなる。同投信は世界の人工知能(AI)関連企業を投資対象とし、フィンテック企業にも資金を振り向ける。
 楽天(4755)は昨年11月、フィンテック関連企業に投資する1億ドル規模のファンドを設立した。北米や欧州を中心に、決済や送金事業を手掛けるベンチャー企業を開拓する。
 金融機関による出資案件も増えている。みずほ証券はアジアのフィンテック企業を発掘するシンガポールのファンドに最大20億円投資する計画。SBIホールディングス(8473)の「FinTechファンド」は300億円を集め、すでに約60億円の投資実績がある。三菱東京UFJ銀行は仮想通貨取引所を運営する米コインベースに出資した。
 米国では「金融の主役交代の可能性が意識されている」(野村総合研究所の城田真琴上級研究員)。投資マネーの大規模な流入は、フィンテック企業による新しい金融サービスの普及や、金融業界の勢力図の変化を促す要因となる。
関連銘柄として、まず注目したいのはさくらインターネット(3778)とインフォテリア (3853)この2銘柄はテーマ物色で先陣を切っており、今後もツートップ指標株として要注目。時価は13週移動平均線の上に浮上、信用取組も程よく売り残が乗っており、動意前夜の雰囲気を漂わせています。
このほかでは、イー・ガーディガン(6050)、メタップス(6172)ラクーン(3031)マネーパートナーズG(8732)、アイリッジ (3917)、セレス (3696)、ウェルネット (2428) 、GMOPG(3769) 、アイビーシー(3920)等にも注目してよいでしょう。