日神不動産(8881)【上期経常利益を一転63%増益に増額修正!】

日神不動産  [8881] 東証1部 時価:349円

日神不動産(8881)は、新築分譲中心のマンションデベロッパーで、東京・神奈川が主力エリアで、ファミリー向けマンションのパレステージシリーズ、単身・ディンクス向けマンションのデュオステージシリーズを展開しております。更に不動産仲介やリフォーム、リノベーション、リート事業など事業フィールドを拡大しています。
同社は昨日、17年3月期上期(4−9月)の連結経常利益を従来の16,9%減益予想の12億円→23,5億円(前年同期を14,4億円)に95,8%上方修正し、一転して62,7%増益見通しとなりました。マンションの販売が伸びたうえ、建設工事も順調に進み、売上が、計画を上回ったことが寄与、更に建設資材や人件費が想定を下回ったことが利益を押し上げています。
尚、今回より連結納税制度を適用しており、増益に伴う制度適用の減税効果によって純利益が増加しています。又、通期の経常利益は判明次第明らかにするとして、従来予想の40億円(前期は43,9億円)を据え置いています。
更に、同社は17年3月期から20年3月期までの4ヵ年を対象とする中期経営計画を策定しており、最終年度の20年3月期に売上高1000億円、経常利益60億円を目指しており、マンション分譲事業、建設事業、不動産管理事業、不動産証券事業の4本柱の拡大成長を図ることで、総合不動産業者としての企業価値の向上を目指しており注目してみたい。
2016/10/25 8:00