中村超硬(6166)【シリコンウエハの加工・販売の中超住江デバイス・テクノロジーを連結子会社化!】

中村超硬  [6166] 東証M部 時価:1136円

中村超硬(6166)は住江織物(3501)との合弁会社でシリコンウエハの加工・販売を手掛ける中超住江デバイス・テクノロジーの株式を取得し連結子会社にします。持ち株比率は49,9%→90,0%に大幅に上昇します。
中村超硬は太陽電池向けシリコンウエハ加工に必要なダイヤモンドワイヤ製造を主力とする企業で、ダイヤモンドワイヤによるスライス手法は従来手法に比べて、細線化・高速化によるコスト減や環境負荷低減などが可能となります。
同社は主要顧客である中国の西安隆基桂材料(ロンイグループ)向けの販売単価の交渉過程で生じた取引量の減少が想定以上に見込まれ、当初計画していた販売数量から半減したことや、中国における太陽電池向けシリコンウエハーメーカーによるウエハの供給過剰感が顕在したことで、従来の主要顧客に代わる大口顧客の確保に時間を要しているために、売上高が大幅に減少しました。
しかし、「新規大手ユーザーの開拓」がここに来て、中国国外の顧客を含めて既に販売開始しており、今後は本格的な販売に向けて評価は順調に推移しております。更に多結晶ウエハ市場では、大手ウエハメーカーを中心にスライス加工方式からダイヤモンドワイヤを使用する加工方式への変換ニーズが想定を超えたスピードで高まってきたことから、今後への期待が大きくなってきました。
又、新規事業であるマイクロリアクター関連事業とゼオライト関連事業についても、順調に共同研究が進んで、時代の変化に対応して成長に繋げていくでしょう。
2016/12/28 8:55