ユーザベース(3966)【経済ニュースプラットフォーム「NewsPicks」会員ユーザー数が200万

ユーザベース  [3966] 東証M部 時価:2,990円

ユーザベース(3966)は、「あらゆる経済情報を人とテクノロジーの力で整理・分析・創出し、ビジネスパーソンの生産性を高め、創造性を開放して、世界中で愛される経済情報インフラをつくり、世界中の意思決定を支え、世界を変える」というミッションをもっている企業であります。
同社のグループ会社であるニューズピックスの経済ニュースプラットフォーム「NewsPicks」の、会員ユーザー数(無料)が昨年12月に200万人を突破したと発表しました。また合わせて2016年12月に、プレミアムサービス(月額1,500円 / iOSアプリのみ1,400円)を利用する有料課金ユーザー数も3万人を突破しました。
「NewsPicks」は、国内外90メディアの経済ニュースをワンストップで閲覧できるサービスで、2013年9月にサービスを開始して以来、国内最大規模の経済に特化したスマートフォン向けニュースサービスとなっており、20台〜40台の若手ビジネスパーソンを中心に、利用者が更に拡大しております。この会員数の高い伸びを牽引しているのは、自社編集部による深い取材と調査に基づいたオリジナル記事や、米経済紙ウォール・ストリート・ジャーナルとの連携機能を持っていることであります。
そして「NewsPicks」は、Google社が提供をするGoogle Playの「2016年ベストアプリ」のベストローカルアプリ部門を受賞しています。2016年ベストアプリは、1年間を通して日本で注目を集めたアプリからGoogle Playが独自に選出し、表彰をする企画です。
更に、「NewsPicks」に於いて、スマホに最適化された企業のIR支援サービス「IR Picks」も提供しています。これまで企業がIR情報を発信する際に、自社ウェブサイトへの情報開示や個人投資家向け説明会の開催などは形式的な情報発信の傾向であり、企業としては「どうしたら個人投資家の人々ともっとコミュニケーションが取れるようになるのか」といった課題があり、個人投資家にとっては「スマホでのIR情報は収集しにくい」「決算情報が専門的で分かりにくい」など、企業と個人投資家の間におけるコミュニケーションの課題がありました。これらの課題を解決するために、「NewsPicks」では、企業と個人投資家の方々との双方向コミュニケーションを可能にすることで、企業、個人投資家にとって非常に便利なツールであります。
2017 7:30