ウインテスト(6721)【大阪大学と「IoTセンサー」高精度化に向けて共同研究開発を開始!】

ウインテスト  [6721] 東証2部 時価:209円

ウインテスト(6721)は、今後の成長分野の為の新製品開発において、政府が進める産学連携の一貫として、昨年11月に大阪大学と「IoTセンサー」高精度化に向けて共同研究開発を開始しています。共同研究の内容は、「IoTセンサーの比/位相変換法と精密分光計測装置」の開発であります。
この成果は、「IoTセンサー」が使われるロボット分野での高精度姿勢計測センサーや自動車でのセイフティー・センサーの他、医療・ヘルスケアや農業分野における超音波及び紫外線から赤外線までの各種計測、診断装置に応用できる基本技術になると期待されております。
同社は、今後も新製品開発において産学連携を積極的の進めており、昨年8月には慶応義塾先端科学技術研究センターと共同で、従来の電気モーターやエンジンなどの動力源を持たないで、いかなる動力や重り、油圧機器を使用しない、バネの弾力性を応用した軽量かつシンプルな構造の「自重補償機構」技術を内臓した「ロボットアーム型重量キャン搬送装置」で、綿密な計算で作りこまれた人の前腕部と同様の寸法及び軸配置で、ロール軸を除く各軸にて搬送する重量物の自重補償を達成している他、自身の腕部分の自重をも含めた完全な自重保障が成立。従来方式のロボットアームと比較してパワーウエートレシオの大幅な向上を達成しており、今後は、従来大電力モーターと電源が必要だった産業用や介護用アシスト機器の小型軽量化への応用を進めていきます。
更には韓国LGエレクトロニクス・ジャパンが昨年10月27日に世界最大の77V型有機ELテレビを発売しております。同社は有機EL向け検査装置の専門装置メーカーであることから、今後同装置の引き合いが殺到することも考えられます。
2017/01/05 7:40