AI(人工知能)について

AI(人工知能)とは?

人工知能学会によれば、AI(人工知能)には、(1)人間の知能を持つ機械を作ることと、(2)人間が知能を使ってすることを機械にさせると、いう2つのアプローチがあるといいます。
コンピューターが囲碁で人間と対決したり、ソフトバンクの人型ロボット「ペッパー」などが前者に該当する。後者は、ビッグデータ解析が象徴的。人間だと何年もかかる分析も、AIなら1,2分で終えてしまう。経験不足の医師をサポートしたり、マーケティングのアドバイスをAIが行うという技術も既にあります。
AIはギリシャ神話にも登場しているが、その誕生は1956年のダートマス会議でAIという用語が初めて名付けられた時だというのが定説。AI関連のキーワードを拾うと、AIビジネスの広がりが見えてきます。アルゴリズムを用いてデータを学習し、コンピューターが自律的に洞察を導き出す「機械学習」。データの特徴をシステムが学習して、事象の認識や分類を行う「ディープランニング」。人間の脳の神経回路の仕組みを模した「ニューラルネットワーク」を用い、手でモノを動かしたり物体を認識するという、人間なら簡単に出来る能力を可能にさせます。人間が言葉でAIに指示するためには、「自然言語処理」の技術が必要で、その研究も方々で進められています。そして、AIを機能させるには、「ハードウエア」の能力向上は不可欠です。データ処理能力の高速度化がなければAIは成り立ちません。又、「ビッグデータ」がなければ、AIは何も出来ず、能力も向上しません。その他、「チャットポット」や「コンテンツ・アート制作」など、AI技術を使ったアプリ開発も進んでおり、これからの未来、きっとAIは市場や日常生活などに進出してくるでしょう。