ユニバーサルエンターテイメント(6425)【今期経常を一転34%増益に上方修正!】

ユニバーサルエンターテイメント  [6425] 東証JQ部 時価:3520円

ユニバーサルエンターテイメント(6425)は昨日1月23日に2017年3月期の連結経常利益を従来の予想の168億円→300億円(前期は223億円)に78,6%上方修正し、一転して34,3%増益見通しと成りました。同社の発表した上方修正後の通期計画に基づいて、当研究所が試算した10−3月期(下期)の連結経常損益も従来予想の70億円の赤字→61,9億円の黒字(前年同期は171億円の黒字)に増額し、一転して黒字に浮上する計算になります。
これは、今期市場投入したパチスロ機「SLOT バジリスク〜甲賀忍法帖〜3」などの販売が好調に推移していることと、同社が注力してきている高度構造化の為の技術革新のより、効率的な開発、製造プロセスを実現できたことにより、開発費の削減、製造原価の低減などが順調に進んだことが利益を大きく押し上げています。更に第4四半期の受注状況も堅調に推移しています。
更に、現在フィリピンで展開している「OKADA MANIRA」は昨年12月21日のプレオープン以降、カジノ、飲食等の施設が順次開業し、日々営業拡大を図っていますが、連結決算に於いては、海外子会社を四半期ずれにて連結している為、本格的に連結決算に反映するのは来期からとなる見込みで、来期以降の業績拡大が期待されます。
2017/01/24 7:45