エボラブルアジア(6191)【オンライン旅行事業とITオフショア開発事業で高成長!】


エボラブルアジア  [6191] 東証M部 時価:3675円

エボラブルアジア(6191)は、主に国内航空券のインターネット販売に特化したオンライン旅行事業、訪日旅行事業やベトナムで主に日系のWEBサービス企業に対してシステム開発エンジニア等の開発プラットフォームを提供しているITオフショア開発事業を展開しています。
主力のオンライン旅行事業において同社は全ての国内線航空会社と代理店契約を結んでおり、航空券商材の強固な仕入れルートを確率させていることが同社の強みであり、ここに来て低コスト航空会社(LCC)の参入増加による航空券の取扱高の増加が大幅に増加しております。更に、IT人材不足の深刻化によりベトナムでのITオフショア開発事業も順調に伸びています。
又、訪日旅行事業の一環として、総合旅行プラットフォーム「AirTrip(エアトリ)」において、第一弾として主力サービスの国内航空券予約に続き、民泊Ctoプラットフォームのサービス「AirTrip民泊」を東京都大田区の「特区民泊」にて1月26日にプレオープンしました。グランドオープンは4月を予定しています。
「AirTrip民泊」とは、法に則った物件のみ掲載、MADE IN JAPANの使いやすさ、旅行に不可欠な移動手段(航空券・新幹線)も同時に提供するという3つのコンセプトのもと日本人でも簡単かつ快適に利用可能なサイトを構築し、旅行のみならず出張・イベント参加等でも民泊が一般的に利用できる環境となるよう、民泊と同時に移動手段の提供も行うこととなります。なお、2020年の東京オリンピックに向け、18年に物件登録数1万件、20年までに同3万件を目指すとしています。
宿泊施設不足・マンションの空洞化の解消にも貢献し、将来的には航空券プラス民泊のパッケージ商品の提供及び訪日外国人にも利用できるように、多言語化を推進するとしています。
そして昨日、「AirTrip(エアトリ)」について、iOS及びAndroid用アプリの配信を開始したと発表しました。尚、アプリ配信に伴い、今月中に「友達紹介キャンペーン」も開始する予定としています。
今後は国内・海外宿泊、国内・海外パッケージ、海外航空券、新幹線など、総合旅行プラットフォームとして拡大していき、全てのサービスにおいて、ユーザーに業界最大級のポイント還元を行うとしています。
2017/02/08 8:20